FC2ブログ

心理戦

今日はビジネス絡みでちと面白い話を聞いたので紹介しよう。


また何か始まるぞ。


わぴこ、わくわくしちゃうよ~。


ぎょぴぴ~!!


誰だよ、おまえらは。
懐かしすぎるだろ、そのネタは。
さっさと始めろ。
ある部屋に1人の被験者と、29人の共謀者がいたとする。
部屋には長い棒Aと短い棒Bが置いてあり、「長い棒はどっち?」
という質問が課せられる。
そこでミソなのが、共謀者達の供述。1人の被験者が回答する前に
大多数の共謀者が、回答としてBを選択したとしよう。

するとどうだ? この実験を何回も繰り返して統計をとると、
1人の被験者の回答はBになることがおよそ7,8割だとか。

ホントかよ? 何かウソ臭くねー?


群集心理ってヤツね。
まわりの大多数がそれを黒だと言うと、白いものが黒く思えてしまう
人間の心の迷いを誘う罠よ。
これは相場に関しても言えること。
例えば昨今の南アランド。限られた情報の中で、群集が13円台
定着?とか、エマージング通貨に価値はないなどと供述すると・・・、
13円台でロングするのが怖くなるって寸法だな。


で、ふたを開けてみればどうだ、南ア四半期GDP、南ア1月消費者
物価指数、ともに予想通りの好結果。で、14.20円台まで回復
すると13.50円は底だったと後悔するハメになる。
みんなが下がると思っている通貨を心理的逆張りで買い建てると
いうのはなかなか難しいものです。

今回の豪ドル円もそうでしたね。90円台前半まで落ち込んだとき、
どこまで落ちるんだかわからず、手をこまねいていると今振り返った
時、そこが底だったと初めてわかる。
後悔後を絶たずかしら?
スワップが高い分、後悔度もアップね。

で、今オセアニア勢が勢いづいている。
これはどう判断する?

なるほど、なかなか難しい問いですな。我々の頭には金利先高感が
先行している。そして、群集心理値とも言うべきレートが
めきめき上がっている。
なんだか、某ゲームのカオスフレームみたいね。


そこでレートが「落ちてくるハズがない」という固定観念が
生まれるというワケか。

つまり、周囲の意見に惑わされることなく物事を見定めなければ
ならんというワケだな。まぁ、それがたやすく出来れば
苦労はないんだけどね。
長期スワッパーとしてコトを構えるからには、政情を見極めるのも
大事だけど、時として客観的にレートのみを俯瞰から見る目も
必要だということね。
さて、今夜も米ドル円独歩高という群集心理が働くか?
そんな中でも、ひたひたと戦績報告だ。

USD/JPY 2万通貨 買建て
Swap: 75 x 2 = 150円

EUR/JPY 1万通貨 買建て
Swap: 149 x 1 = 149円

AUD/JPY 2万通貨 買建て
Swap: 168 x 2 = 336円

NZD/JPY 10万通貨 買建て
Swap: 182 x 10 = 1,820円

ZAR/JPY 30万通貨 買建て
Swap: 36 x 30 = 1,080円

本日の戦績、しめて3,535円でございます。
キウイ円のスワップ、効いてますな。

そのキウイ円も実力で今のレートなのか、甚だ疑問だとは
思わんかね? カレン砲が轟くのもそう遠くないのかもしれん。

スポンサーサイト



2008/02/27(水) 23:59:00 / FX戦績 / トラックバック(-) コメント:2
01 | 2008/02 | 03
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -